パチンコの特殊景品



特殊景品とは、パチンコ店外(一部では店内に設置される例もある)の各都道府県の公安委員会に古物商の許可を受けた景品買取所に売却することを前提とする景品のこと。これによりパチンコはギャンブル的な要素を持つとされている[6]。しかしパチンコは風適法第二十三条一、二で、「現金又は有価証券を賞品として提供すること[7]」、「客に提供した賞品を買い取ること」が禁じられている為、パチンコ店が景品交換所を経営することはできない。その為、パチンコ業界はパチンコがギャンブルでは無いという建前で、三店方式(もしくは四店方式)と呼ばれる方法を採っている。 * ホールは客の出玉を特殊景品と交換する。 * 客は特殊景品を景品交換所(替場)に持っていき、古物商である景品交換所は特殊景品を現金で買い取る。 * 景品問屋が景品交換所から特殊景品を買い取り、ホールに卸す。 四店方式の場合は、ホール、景品交換所、集荷業者、卸業者と経由する[8]。 つまり、法律的な位置づけでは「古物の売買」になり換金にはあたらないとされ、ホール、景品交換所、景品問屋の三店がまったく違う経営主体という建前のもと、パチンコ業界は違法性を逃れている。しかし、神奈川県川崎市高津区のパチンコの景品交換所では「持ち込まれた景品に偽物が混じっていた」として、偽造景品による詐欺事件[9]が発覚したが、この被害届が景品交換所ではなく、ホールから届出されていた。景品交換所とホールの関係が証明されたにも関わらず、神奈川県警は取締りを行っていないことや、パチンコ店チェーンがジャスダック証券取引所に株式上場を求めたところ、「出玉の景品を換金する業界慣行の合法性があいまいなため、投資家保護を果たせない。」として上場を認めない[10]など、様々な疑義が提示されてはいるものの、警察[11]および検察が、未だ、パチンコを賭博罪として起訴した例が無く、裁判所によって、パチンコ・及び三店方式が、刑法の賭博罪に当たるかどうかについての判断は示されていない。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




相互リンク集 看護師/転職/口コミ 自動車保険 ランキング 在宅ワーク 求人 在宅 副業 サントリー ゴマペプ茶 不妊治療 エコトレfx 評判

【PR】
健康志向の方必見!黒酢の人気ランキングをチェックしてみよう!
AV男優のテクで潮吹きのテクニックを学びませんか?
京都で夏前に脱毛!という方はコチラで! → ドクタータカハシ 京都店